※データ部分は下記のような構成です。
(シリーズ巻名など/)判型/ページ数/本体価格(税抜価格)/発行年月/ISBNコード(下4桁)+分類コード

 菊地武男の靴物語


 
竹澤遼子=著者


 
四六判上製/200P/本体1600+税/2005.10/328-6/ C0076

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本のシューフィッター第一号であり、

 美術解剖学・人間工学に基づく靴づくりの第一人者。
 日本女性のための靴の形を極めた菊地武男の
 
歴史をつづる家族愛に満ちた物語。


 <プロフィール>

  菊地武男・・・きくちたけお
  1924年、横浜生まれ。
  1949年、菊地商店(ダイナス製靴の前身)を創業。
  足と靴の研究に情熱を燃やし、
  木型付きフルオーダーメイドシューズに代表される
  コンフォートシューズの開発・製造・販売を一途に続ける。
  日本のシューフィッター第一号であり、
  美術解剖学・人間工学に基づく靴づくりの第一人者。
  現ダイナス製靴株式会社会長。
  http://www.dinus.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私が大人になったころ、女性の靴と言えば、
 先のとがったパンプスのような形のものしかなかった。
 もちろん、今のようなEEEサイズなど選択肢になかった。
 私は、自分の足に合わない靴をはき続けて、足を痛めた。
 腰を痛め、体を壊した。外出が臆病になり、気持ちが萎えた。
 そんなとき、菊地武男さんの靴に出会った。
 菊地武男さんは、人の顔がみんな違うように、
 足の形もみんな違って当然だと言う。
 私は、菊地武男さんに靴を作ってもらうようになってから、
 頭の中の黒い霧が吹き払われたような爽快感を味わっている。
 女性に幸せをもたらした菊地武男さんに乾杯! ---田嶋陽子



Copyright (C) 2001 株式会社 晩聲社 All Rights Reserved.